脱毛 間隔 効果

高い効果を得るには脱毛間隔が重要です!

 

肌への負担も少なく、永久的にムダ毛処理をしなくて良いことから、クリニックやエステサロンでの脱毛が人気となっています。

 

しかし、クリニックやエステサロンでの「医療レーザー脱毛」や「光脱毛」は、一定の期間をおいて何度も脱毛に通わなければならないことをご存知でしょうか。

 

脱毛を行うペースも、自分の好きな間隔で良いというわけではありません。

 

高い脱毛効果を得るためには、脱毛施術を受けるタイミングが最も重要となるのです。

 

ここでは、効率よく脱毛を進めていくための施術間隔についてご説明させていただきます。

 

 

毛周期を意識して、脱毛を行うようにしましょう。

 

クリニックやエステサロンでの脱毛は、「毛周期」というものがとても深く関わっています。

 

毛周期とは、毛が成長して抜け落ちるまでのサイクルのことを言います。

 

この毛の生え変わるサイクルによって、1回施術で脱毛を行うことができず、複数回施術を受ける必要があるのです。

 

 

毛周期は、3つの段階に分けられ、それらは「成長期」、「退行期」、「休止期」と呼ばれていて、それぞれの期間で毛の成長過程に変化が生じます。

 

成長期では、毛が伸びて毛根の状態もとても元気です。

 

退行期は、毛の成長が止まり、その後毛が自然と抜け落ちます。

 

休止期になると、毛の育成自体が止まり、次に生えてくる新しい毛の準備をする期間となります。

 

 

医療レーザー脱毛と光脱毛の場合、毛穴に含まれているメラニンの黒色に反応して、毛の再生細胞を破壊するという仕組みとなっています。

 

すなわち、毛根が元気で毛がグングン成長している時に、レーザーや光を照射すれば、脱毛の効果も得られやすいということになります。

 

そのため、毛周期の成長期にあたるタイミングで施術を受ければ、効率よく脱毛を進めることができると言えるのです。

 

 

逆に、退行期や休止期のタイミングで施術を行うと、レーザーや光をあててもメラニンの黒色がほとんどない状態であるため、施術の意味がほとんどありません。

 

毛が成長している時に施術を受けるかどうかで、脱毛の効果が全く異なっていきます。

 

 

しかし、毛の成長期を判断することはそう簡単なことではありません。

 

医師やサロンの施術者でも、見極めることが難しいとされています。そこで大切なのが、一般的な毛周期のサイクルである2〜3ヶ月のペースで脱毛を行うということです。

 

このペースでスケジュールを組めば、成長期のタイミングに合わせられる可能性が高くなります。

脱毛 間隔 短い

脱毛間隔が短い場合のリスクは、何かあるのでしょうか??

 

脱毛を行う場合、1回の施術を受けただけで脱毛を完了することはできません。

 

必要な施術回数は、脱毛を行う部位や、毛量・毛質などの個人差によっても異なりますが、平均で5〜6回程度とされています。
一般的に、次の施術までは、2〜3ヶ月ほど空けることがほとんどであるため、どれだけ早くても脱毛完了までに、1年は必要となります。

 

 

しかし、脱毛を受ける人の中には「そんなに長い時間かけていられない」という理由から、2〜3ヶ月よりも短い間隔でスケジュールを組む方もいるのが現状です。

 

誰でも、「早く脱毛を終わらせて綺麗な肌を手に入れたい!」という気持ちがあるのは分かります。

 

ただ、短い間隔で施術を行うと、それなりのリスクが生じるため、あまりおすすめはできません。

 

 

1つ目のリスクは「脱毛の効果が得られにくくなること」があげられます。

 

医療脱毛やサロンでの脱毛は、毛が成長しているタイミングにあわせて行うことで効率よく、ムダ毛を処理することができます。

 

これは、毛の生え変わりである毛周期と同じペースで施術スケジュールを組むことで、ちょうど良いタイミングを見計らうことが可能です。

 

そのためには、2?3ヶ月脱毛間隔をあける必要があります。そのため、それより早いペースで脱毛を進めてしまうと、毛の成長期とうまくタイミングが合わずに脱毛効果が得られにくくなってしまうことがあるのです。

 

 

2つ目は「肌へ大きな負担がかかること」です。

 

医療脱毛やサロンでの脱毛は、肌への刺激を最大限に抑えた脱毛方法ではあるのの、ダメージはゼロではありません。

 

施術に使用するレーザーや光によって、目には見えなくても、肌はダメージを受けている状態です。

 

 

通常であれば、施術後の肌を休ませるために2〜3ヶ月は間隔をあけることが必要となりますが、しっかり肌を休ませずに次の施術を行ってしまうと肌へも大きな負担がかかり、火傷や炎症などの肌トラブルがおこる原因となってしまう場合がありますので、その点は注意して下さいね。

脱毛 間隔 長い

脱毛間隔が長い原因とは??

 

近年クリニック・脱毛サロンでの医療レーザー脱毛や光脱毛が人気となっています。一度脱毛が終了すればムダ毛が生えてくることもありませんし、自己処理する手間も省くことができるからです。

 

しかし、医療レーザー脱毛や光脱毛の場合、何度も施術を受ける必要があります。そして、次の脱毛施術まではある程度間隔をあけなければなりません。

 

すなわち、医療レーザー脱毛や光脱毛は、脱毛までに長期間を要するということになります。

 

 

なぜ、脱毛間隔を長くしなければならないのでしょうか。その理由について詳しくご説明いたします。

 

脱毛の効果は、毛が伸びる「成長期」にしか得ることができません。これは、医療レーザー脱毛、光脱毛のどちらの場合でも言えることです。

 

使用する機械は異なりますが、どちらの脱毛施術でも、毛穴の奥にある毛根の再生細胞に照射することで新たな毛が生えることを防ぐという方法です。

 

 

毛周期

 

毛には成長のサイクルがあり、細胞が活性化して毛が生えてくる「成長期」と、細胞が休んでいて毛が成長せず徐々に抜け落ちる「退行期」、そして次の新しい毛が生えてくるまでスタンバイしている「休止期」に分けられます。

 

この毛の生え変わるサイクルのことを「毛周期」と呼び、これが長期間脱毛間隔をあけなければならない理由となっているのです。

 

毛をつくる細胞が働かず、毛根がない状態の休止期にレーザーや光をあてても脱毛の効果を得ることはできません。

 

また、毛の成長がストップして自然と毛が抜け落ちたり、毛が抜ける準備をしている退行期に施術を受けたとしても、効率よく脱毛を進めることが難しいのです。

 

成長期のタイミングに施術スケジュールを合わせるには、この毛周期と同じペースで脱毛を行う必要があります。毛周期は一般的に2〜3ヶ月であるため、次の脱毛まで同様の間隔をあけることで、成長期の毛にタイミングよくレーザーや光を照射することが可能なのです。

 

脱毛を早く終わらせたい気持ちから2ヶ月以内に脱毛を進めてしまうと、せっかくの脱毛効果が得られにくくなってしまいますので注意しましょう。