永久脱毛体に悪い

ムダ毛の自己処理をカミソリなどで行う行為は、とっても怖い事ですし、お肌に少なからずとも良い影響を与えるものではありませんが、それだからと言って、脱毛行為が良い事なの??

 

と考えた時、少なからずとも全てが良い行為だという事では無いようで、その理由について調べてみたところ、主に3つの理由がある事が判りました。

 

思想や宗教との関わり

日本古来の考えとして、儒教との関わりが強く、孝経と呼ばれる経典に、「身体髪膚(しんたいはっぷ)之を父母に受く、あえて毀傷せざるは孝の始めなり」と記されています。

 

これは、「親から貰った身体に傷を付けない事が孝行の第一歩だ」という意味だそうで、ここから見ても脱毛それ自体の行為が好まれないと言われているみたいですね・・・

 

身体的な変化について

脱毛をするという事は、身体(お肌)に刺激を与える事でもあるので、時として肌質や体感さえも変えてしまう事があります。

 

また、稀に肌トラブルを引き起こす事もあって、敏感肌だったり、黒ずみなどの施術が原因でのトラブルを引き起こす事もあるので、必ずしも安全という事は言えないのです。
(=これは、何事をするにもリスクがあるという事でしょうが・・・)

 

 

さらに、人によっては脇汗の量が増えたり、それに伴ってワキの臭いが気になるという方も増えているんだとか。

 

しかし、実はワキのニオイについては、ニオイそれ自体が強く感じるわけでなく、毛がなくなった事で、汗の量が増えてしまい、今まで体感していたよりも、臭いが気になるという事が原因のようです。

 

 

つまり、汗臭いのは、「ワキ汗の量が増えた」からであって、体質が変わったわけでは無いという事ですね。

 

 

フラッシュ(光)やレーザーに対する知識が無い

最後のポイントですが、カミソリや剃毛をする以外にムダ毛処理をすると考えた場合は、脱毛器であっても、脱毛サロンであっても、クリニックであっても・・・

 

フラッシュ(光)の照射か、レーザーの照射によって、脱毛を行う事になりますので、それぞれの特徴を知っておいた方が、安心して施術ができるかと思います。

 

 

また、フラッシュ(光)でもレーザーでも、「毛嚢炎(ニキビや吹き出物のような症状)」と呼ばれる症状を起こす事も考えられますので、そのようなリスクについても知っておく必要があります。

 

※毛嚢炎については、別の機会で紹介したいと思います。

 

 

それでは、フラッシュ(光)とレーザーの仕組みについて、それぞれ簡単に説明しておきたいと思います。

 

フラッシュ(光)脱毛の仕組み

インテンス・パルス・ライト(IPL)と呼ばれる一定の波長で、メラニン色素に働きかけて、毛根を破壊して根本から処理する事が出来ます。

 

レーザー脱毛

光の一種で、紫外線やX線のような有害物質を含まない、光の虹の中で1色だけを抜き出しているので、光脱毛よりもより安全に脱毛を行う事が出来ます。

 

 

それぞれ光の種類が違うだけで、脱毛の仕組み自体は変わりがありませんので、あとは出力の大きさだったり、効果に違いがあると思いますので、永久脱毛のトップページでは、サロンとクリニックのランキングをまとめていますので、参考にして頂ければと思います。

 

 

最後に、結論として「脱毛(永久)は、身体に悪いのか??」という点ですが、きちんとした店舗を自分の意思で納得して選んでいる以上は、まずは問題ないのでは??と言えそうです。

 

すべては、自己責任にもなりますが、それでも身体の事ですからトラブルはご免・・・と思う気持ちは、皆さん一緒だと思いますので、慎重に判断しましょうね。